今年で第61回の開催となる東京高円寺阿波おどりが来週末、いよいよ始まります!

高円寺で活動している阿波踊り連にとって、高円寺本番への出演にはやはり格別の思いがあります。

年々注目度も観客数も増し、ゆっくり踊りを楽しむには難しいところもあるかもしれませんが、高円寺ならではの迫力ある流し踊りや舞台公演を、ぜひ一緒に楽しんでいただきたいと思います。

第61回東京高円寺阿波おどりの、志留波阿連の出演スケジュールは以下の通りです

 

★8月26日(土)

(1) おどれ高円寺セシオン2017 第一部(舞台公演)

(2) おどれ高円寺セシオン2017 第二部(舞台公演)

今年も志留波阿連は舞台公演「おどれ高円寺セシオン2017」に出演いたします。

午前と午後、各1回ずつ公演があり、舞台公演ならではの美しい構成をした阿波おどりをご覧いただけます。

  • 観覧にはチケット(全席指定1,500円)が必要です。
  • 高円寺パル商店街の豊喜屋・ベルピア、関東バス エリア・ビューロー 高円寺駅北口、楽天チケットにて8月23日(水) 17:00まで前売りを発売しています(楽天チケットでの取り扱いは8月21日(月)まで)
  • 第一部が開場11:00/開演11:30、第二部が開場13:30/開演14:00です
  • 志留波阿連の出演時間は第一部が12:50~、第二部が15:20~です。進行によって多少前後することがございますので、余裕を持ってお越しください
  • 詳細はこちらのページでご確認ください

 

(3) 17:00~20:00 演舞場にて流しおどり

高円寺で最も大きなメインの演舞場、中央演舞場 13番手スタートです。

その後、ひがし → 純情 → パル → 桃園 → みなみ → ルック第一 → ルック第二…と進んでいきます。おそらく、みなみ、もしくはルックで一日目の踊りが終了すると予想されます。

 

☆8月27日(日)

(1) 17:00~20:00 演舞場にて流しおどり

2日目は桃園演舞場 4番手スタートです。

その後、みなみ → ルック第一 → ルック第二  → ひがし → 純情 → パル…と踊り進んでいきます。おそらく純情で踊り納めとなり、最後は高円寺北口演舞場での乱舞になると予想しています。

 

志留波阿連の高張提灯を目指して、皆さまぜひぜひいらしてください!

 

なお、最後に毎年のお知らせですが、連員全員、衣装を着ての飲酒は厳禁!とされています。そのため、出演中の差し入れとしてのアルコールのご提供は、大変申し訳ありませんがご遠慮させていただきます。演舞場の合間で、もしいただけるのであれば、水や清涼飲料水がうれしいです!

 

連員一同、気合いを入れて踊り、鳴らしていきますので、皆さま、志留波阿連を見かけましたら、ぜひとも温かいご声援をいただけますと幸いです。