20140703-2

いよいよ今週末、8月23日(土)、24日(日)に、第58回東京高円寺阿波おどりが開催されます。

当日の天気予報は、

23日(土)が、くもり時々雨(降水確率50%/最高気温31度)、

24日(日)が、くもり(降水確率40%/最高気温31度)

(8月19日 10:50気象庁発表の予報による)

と、出た!相変わらずの雨予報!(ここ数年、高円寺阿波おどりの日はだいたい天気がぐずぐずです)といった感じです。

でも、多少の雨なら大丈夫。とりあえず、怖いのはゲリラ豪雨だけなので(ゲリラ豪雨が来ると、おそらく中止になってしまいます)、皆さん、ゲリラ豪雨が来ないよう、いや、雨が降らないよう、結界を張っていてください!

 

志留波阿連の出演情報はこちらのエントリーにまとめてありますが、23日(土)が中央演舞場の8番手スタート、24日(日)が桃園演舞場の6番手スタートです。

高円寺阿波おどりでは、各連が8つの演舞場を、八の字を描くように踊り進んでいきます(詳しくは運行表をご覧ください)。

過去の実績から考えますと、2日間合計で100万人の人出が予想されますので、相当な混雑が予想されます。あらかじめご承知おきください。

また、中央、桃園、みなみの各演舞場には沿道に桟敷席が設置されているため、桟敷券をお持ちでない方が歩道からご覧になるには、かなり見難い状況になるかと思います。

流し踊りをご覧になるには上記3つ以外の、ルック第1、ルック第2、パル、ひがし、純情の各演舞場をおすすめします。

とはいえ、それも混雑した中でのこと。もし、じっくりと踊りをご覧になりたいということであれば、舞台公演がおすすめです。

23日、24日、両日日中に、セシオン杉並および座・高円寺にて舞台公演が開催されます。セシオン杉並での公演は、21日(木)までチケットぴあほかで前売り券が発売されています。若干ですが、当日券も出るかと思われます(詳しくはこちらをご確認ください)。座・高円寺での公演は、当日券のみです。座・高円寺の公演の詳細についてはこちらをご確認ください。

演舞場でも舞台公演でも、当日は精いっぱいの演舞をご覧いただけるよう、連員一同、ラストスパートで仕上げております。

ぜひ、今年も東京高円寺阿波おどりへのご来場を心よりお待ちしています!